丈夫な歯を取り戻す治療法

インプラント

抜歯後の治療は何が良いか

むし歯や歯周病で歯を失ってしまった場合の治療法の1つにインプラントを埋入するという方法があります。インプラントとはどんな治療なのでしょう。インプラントとは抜歯した歯の場所にチタン製の人工の根っこ、人工の歯、それらをつなぐアバットメントから構成されます。手術になりますが日帰りでできます。場合によっては全身麻酔を使うこともあります。ネジのような根っこなので抵抗があるかもしれませんが、チタン製なので金属アレルギーが起こりにくい、さびにくいなど体内に害を及ぼすことはありません。インプラントの一番の魅力は、普通の歯のように噛めるということです。抜歯した所に義歯を入れた場合、多くの方は違和感があり美味しくご飯を食べる方が難しくなります。しかしインプラントはそのようなことがほとんどないので食事も問題ありません。また固定されているので、義歯のようにとりはずししなくてもよく面倒ではありません。このようにインプラントとは、今まで歯があった時とほぼ同じような状態でいられる治療法です。保険がきかない自由診療となりますので、治療後は定期的にメンテナンスをして長くもたせるようにします。インプラントとは歯周病にならないものだと勘違いする方も多いですが、普通の歯と同じで歯周病になりますので毎日のブラッシングを頑張ることが大切です。そうすればトラブルにもなりませんし、ずっと美味しくご飯が食べられる生活が可能なのです。